2020年01月30日

GM-HUNTER

b_gmh_12848a.gif
1998年6月公開。
日本でインターネットが普及し始めた1990年代後半、ホームページを作るのが流行っていたのですが、回線が致命的に遅いので写真画像とかは嫌われていて、基本文字ベースの情報系や日記系のHPが多かったです。
また容量の軽いアイコンとしてアニメーションするgif画像も流行ってました。
そんな中、閃いてしまいましたよ私は!
gifファイルでアニメーションするモンスターだ!
それとハイパーリンクを駆使してゲームを作ろう、と。
gifファイルのモンスターをリンクを辿って探し集めるゲーム!これだ!
32x32ドットにして容量を抑えて。
タイトルはモンスターハンター…gifモンスターだから、Gif Monster Hunter…GM-HUNTERにしよう。ジフモンハンター!
ちなみにモンハンはその6年後です。おのれパクったな!(違)
ベースになったのは星野之宣ベムハンターソードという私の一番好きな漫画です。
HPを訪れた人がハンターとなって宇宙を飛び回り、様々な惑星に出向いて様々なモンスターを捕まえる。というのが基本仕様。
掲示板でロールプレイしてもらうのも良いな。
よ〜しあとは作るだけだ〜。

まず最初に作ったメインのジフモン「モニー」
gm-1011.gif
主役は黄色ですよねもちろん!
惑星モニカに生息するジフモンで色違いがたくさんいます。

ジフモンを作り、
惑星の地形グラフィックを作り、
ハイパーリンクで地形を繋げ、
ジフモンを配置し、
小ネタを入れつつ、
惑星完成!
HP_gmhunter4.jpg

作っているとアイディアが溢れてきます…たのしすぎ!
圧縮ファイルを氷に見立て、解凍するとジフモンが出てくる、とか。
同じく圧縮ファイルを卵に見立て、解凍すると子ジフモンが生まれる、とか。
ロールプレイ用の掲示板は宇宙空間に浮かぶステーションにしよう、とか。
gifアニメのあんな動きやこんな動き、文字通り寝食を忘れて作り込みました。
結局2年間で惑星14個、ジフモン368体を生み出すに至ります。
この時点ではポケモンに勝ってたw
ちなみに当時、gifの発音はジフかギフかで論争がありましたが、最終的にジフになりました。ギフモンにならないで良かった!
gifmon.jpg
当時作った壁紙。

2001年になって、Script of SagaというCGIゲームに出会います。
これは探索系のゲームで、Perlのソースを公開しており、自分のサーバーにCGIゲームを設置できるというものでした。
もちろんGM-HUNTERバージョンを作ります。
最初のうちはSoSにジフモンネタを入れたものだったんですが、改造を重ねるうちにPerlの知識が貯まってきて、ついにGM-HUNTERそのもののCGI版を作ることに成功、2003年のことです。
HP_gmhunter2_1.jpg
だいぶ配置が崩れてるな…。

しばらくCGI版の仕様を色々と追加していくことで満足していたんですが、あるときオーソドックスなファンタジーを作りたい衝動がムクムクと…w
2006年にエデンシェイドの公開となります。
b_edenshades300x100.gif


ここまで全部趣味。
サーバー代とか持ち出しですが、お金取れるようなものではないし。
でも趣味ってお金かかるもんでしょ?





そして実はまだ全て稼働していたりwwww
※3作品とも作者/管理者はAkyです。

posted by 秋山徹郎 at 15:47| その他

2020年01月27日

パンダーゼット旋風

さてEver Questから無事生還した私は、粛々とWAX原型の仕事を続けていました。
そんな中、普段からお世話になっていた事務所からパンダーゼットどう?とのお話。
お、面白そう!是非!ということで連載開始!(いや連載じゃないがw)
2004年〜2005年あたりのことです。

ミニフィギュアコレクション、基本ビネットタイプの商品です。
…作った。もうガンガン作った。
5弾まで出たので、20種以上作りました。
panda-z_101.JPGpanda-z_102.JPGpanda-z_103.JPG
panda-z_201.JPGpanda-z_202.JPGpanda-z_203.JPG
panda-z_204.JPGpanda-z_205.JPGpanda-z_301.JPG
panda-z_302.JPGpanda-z_303.JPGpanda-z_304.JPG
panda-z_305.JPGpanda-z_401.JPGpanda-z_402.JPG
panda-z_403.JPGpanda-z_405.JPGpanda-z_502.JPG
panda-z_503.JPGpanda-z_504.JPGpanda-z_505.JPG
この仕事も楽しかったです。
ビネットのラフ絵は貰うんですが、結構自由にやらせてくれたので。

原型はこんな感じ。
wax01.JPG
足裏等、左右対称のパーツは1個だけ作って複製してはめ込み。
全弾に共通のパンダーゼット頭も1個だけ作って複製。
一部に出回り始めたスカルピーも使ってますが、結局スカルピーは焼き加減がうまくいかずに慣れることができなかったな。食事用トースターで焼いてたし(これ絶対ダメ、超有毒。スカルピー早々に諦めて良かったかも)
ちなみに、こういったキメラ原型(異素材を合わせた原型)は、そのまま納品すると大変嫌がられるので、複製してキャストに置き換えて納品してました。だからWAX原型がこうして残ってるんですが。
でも気泡埋めとか欠け補修とかにWAX使っちゃうんですよね、手軽で早いので…で、怒られる。とw

操縦するパンタロン達、超小さい!
wax03.JPG
ちっさ!
腕に0.1mmの真鍮線仕込んでますね。

ついでに原型写真いくつか。
wax_panda-z_403.jpg
都市から飛び上がってくるパンダーゼット!
パース付けて作りました。

wax_panda-z_305.jpg
元ネタリスペクトの発進シーン。

wax_panda-z_304.jpg
残念ながら製品ではハムーがオミットされちゃってますね。

そしてレア画像。
発売されなかったカプセルフィギュアの原型。
panda-z_capsule01.jpgpanda-z_capsule02.jpg
panda-z_capsule04.jpgpanda-z_capsule04z.jpg
panda-z_capsule05.jpgpanda-z_capsule05z.jpg
カプセル部分はサイズ確認用に支給されたものですが、これ3Dプリンタだよな…。

パンダーゼット群を作っているとき、発売元から打診されたとかで、3Dプリンタ製のパンダーゼットを見せられたことがありました。原型としてどうかとの話だったので、ちょっとイラっときて、なにこれこの細かい段差(出力時の等高線ね)どーすんの?とか喧嘩買った覚えがあります。
まぁでも今はその3Dプリンタ原型を推し進める立場になってますけどw

posted by 秋山徹郎 at 16:20| フィギュア

2020年01月22日

アーマードレディー

バンダイから1985年に発売。
armorlady_pkg.jpg
1.ガンダムマークIIレディー
2.マクロス バルキリーレディー
3.ゼータガンダムレディー

同棲していた伊藤君と一緒に原型を作りました。
マークIIは伊藤君、
バルキリーとゼータが私です。
そしてこの仕事のあたりから私の外泊が多くなっていった記憶!
真面目に仕事しろ自分!

多分これバンダイ栃木工場の商品だったと思います。
駒形のバンダイ本社の会議室で待っていると、何やらワイシャツネクタイの人達がたくさん入ってきましたよ。
それまでは社会人というと編集さん等のラフな服装の人しか会ったことなかったので、ネクタイ姿に結構緊張した覚えが…。
実際何を話したかは覚えてませんが、企画趣旨を説明されて、まぁとりあえずは作ろうかの流れになったのでしょう。
ちょうどそのちょっと前に伊藤君がゼットン少女とかオーラバトラー少女とか作ってましたね。


物置から出てきた当時のキャスト複製品。
1985_armorlady.jpg
3種?

製品と比較。
1985_armorlady_valkyrie.JPG
バルキリー

1985_armorlady_zgundam.JPG
ゼータ

パーツが少なかったり、形状が違ったりしています。
特にバルキリーはかなり違ってます。
この複製品は最初の監修(というかチェック)の為のもので、このキャストを更に弄った後に納品したんですね。パーツ増やしたりとか。
でも納品後にも工場で色々と手を加えていると思います。
バルキリーの顔、しもぶくれで作ってますが製品はシャープになってます。これはチェックしてもらったときに、これじゃ金型抜けないよ〜、ってことで頬を削った覚えあり。
ゼータはバルキリーの経験があったので、最初からパーツもそこそこ作ってますね。
バンダイさんもこちらも相当手探りだったので、発売にこぎつけたこと自体が奇跡だと思います…



そして22年の時が流れ、私は現在在籍している会社エムアイシーに入ります。
入ってしばらくした頃、ふと気づくと壁にバルキリーレディーのパッケージが!
 秋山「うへ!それ昔の俺原型!」
 一同「ええええええぇぇぇ!?」
これ
msgirl.jpg
の原型をやっていたんですね。
それで飾ってあったと思われ。
今昔!


そして物置から出てきた複製品3種。
バルキリーとゼータと、あと?
1985_armorlady_layzner.jpg
レイズナーでした。
ただこれ、顔造形は私ではない気がする…ということは伊藤君かしら?
1985_armorlady_layzner1.JPG
ここまで作ったものの、商品化には至らなかったものですね。
スーパーレア!w

タグ:フィギュア
posted by 秋山徹郎 at 15:34| フィギュア