2020年01月18日

原型師復帰

さて、MMORPG「EverQuest」に移住した私ですが、
別段貯えがあった訳でもなく、なにがしかの稼ぎが無いと餓死確定です。
時は1999年。
この頃にはコンシューマーゲームの開発は100人規模の大所帯で行うことが主流となり、ヒット作もロクにないフリーランスのゲームデザイナーにお呼びがかかることなんてありません。
ヤバい、これは本格的にヤバいのでは?
…と思っていた折、タイミングよく某巨大タイトルのボトルキャップフィギュア原型の話を頂きました。
これはもう本格的に原型師に復帰するしか…よ〜しパパ昔取った杵柄振るっちゃうぞぉ〜って誰がパパだw
球体関節人形を趣味で作ったり、WAX原型でマスコットを作って複製したりを細々とやっていたので、造形の腕とWAX技術が鈍ることが無かったのは幸いでした。

■球体関節人形(1996年)
doll1.jpg
家の近所に突如球体関節人形教室が出来てビックリ!早速門をたたいてノウハウを教えてもらいました。
これの衣装作るためにミシン買ったり。
布を仕入れにユザワヤ行ったら面白そうな端切れが山ほど売ってて、片っ端から買ったらエライ出費とか。
でも結局これ1体しかまともには作らなかったです。
doll2.jpg
そして胡粉は大変なのでジェッソだ!(邪道w)

■ジフモンマスコット(1999年)
色々な星に出かけてGIFアニメで動くモンスターを捕まえるという趣向のブラウザゲームを趣味で作っていました。
gifmon.jpg
そこに出てくるモンスターキャラクターのマスコット。
ホームページのキリ番を踏んだ人にプレゼント(住所聞いて送付w)したりしてました。
gifmon3.jpg
gifmon2.jpg
触覚とか全部手作り。
gifmon4.jpg
ジフモン大行進。
gifmon1.jpg
パーツ。
カラーキャストも結構綺麗に発色できてます。
gifmon_wax.JPG
WAX原型あきらかに縮んでるな。
油分が抜けたのかしら。

とまぁそんなわけで、ウィザードと原型師の二足の草鞋を履く生活が始まったのです。
最初のうちは原型仕事もそんなに多くなく、何とかなっていたのですが、
次第に仕事が増え、ウィザードの方が疎かに…
一緒に冒険していた仲間たちもぽつぽつと消息を絶ち始めていたこともあり、
その時点でのラスボスを倒したことを機に、2003年末にEQから引き揚げました。

そうこうするうち、ボトルキャップのネタが尽きて、モンスターの特性を生かしたビネットタイプの商品に移行します。
担当者と一緒にあーでもないこーでもない色々考えて楽しかったです。
お化けが扉に当たってるやつとか、料理を盗み食いするチビ悪魔とか。
あと同タイトルのクリアシリーズの原型もほとんどやらせてもらいました。

しばらくモンスターやらパンダやらの原型を作っていたのですが、
とあるきっかけで現在所属しているエムアイシーから誘いを受け、
2007年にプロデューサーとして入社、現在に至ります。

タグ:フィギュア
posted by 秋山徹郎 at 18:11| その他

2020年01月06日

プラモのモ子ちゃん

plamoko1983_01.jpg
1983年。
スケールは1/17(9cm)
中途半端なスケールですが、当時はこのサイズが作りやすく、しばらくこれで作っていました。

言わずと知れた藤田幸久さんのキャラクター。
タミヤとは接点無かったのに何故作ったんだろう?模型情報の訳ないし、と思ったらコミックボンボン用でした。

藤田幸久さんは、後にOFF Work Bookの表紙も描いてもらってます。
WB2(1984年)とWB3(1985年)
OFFWorkBook23.jpg
なんでWB3のキャラ立体化しなかったんだろ。せっかくなのにも〜。

最初に作ったのがこれ、半袖のやつ。
plamoko1983_02.jpg

複製品。
plamoko1983_04.JPG
もう普通にスカート別パーツ。
この頃は指をバラバラに作ってて、折れるよねぇ…と思ったけど40年近く経っても折れてない!
目を深く掘って視線が追ってくるようにしたんですが、深く掘りすぎて怖いし…Another brick in the wallかな?w
で、これを改造してタミヤカラー持たせてラビ君付きのやつ作りました。
ボンボンに掲載したのは後から作った長袖の方ですね。

あとなんか水着のも出てきた。
plamoko1983_03.jpg
これは何のために作ったんだろ、サンダルが妙に凝っているので元絵ありの掲載用だとは思うんだけど。
判らん…

posted by 秋山徹郎 at 15:31| フィギュア

2020年01月05日

幻夢戦記レダの朝霧陽子

reda1985_01.JPG
1985年。
スケール1/12。

ガレージキットの箱に山内英子さんのイラストカードを貼り、渡辺真由美さんのイラストカードを付録にしました。
なんという豪華仕様!
reda1985_02.JPG
あとそれっぽい台座も作りました。


モデルグラフィックス(1985年3月号)に掲載。
mg198503_02.jpg
立ちポーズの朝霧陽子キットを片膝ポーズにしてカエル兵も作ってジオラマ作りました。

「幻夢戦記レダのジオラマ・キャンベルブッシュ添え」

小学生の頃からジオラマにはキャンベルブッシュ!
机の引き出し開けるとキャンベルブッシュ!
いい匂いがするよキャンベルブッシュ!
元はなにこれキャンベルブッシュ!
キャンベルブッシュLOVE!
…だったんですが、
これの撮影時、
「うは、いまどきジオラマにキャンベルブッシュ使うか?」だと。
うるせー好きなんだからいいじゃんも〜w
でもこういうジオラマ作るのって凄く楽しい。
木の幹を表現するのに石膏を荒く塗りたくってみたり。

カエル兵は3体とも接地の予定だったんですが、いざ撮影に臨んでみると陽子の目線がどこ見てんじゃい!と。
仕方なくカエル兵1体上から襲ってくる感じに撮ったので、カエル兵のポーズがなんか不自然…。
そしてこれは作例の名を騙ったガレージキットの宣伝ですかそうですよ。

撮影に使った片膝陽子。
reda1985_03.JPG
動きの無いポーズだな!
遥か上空の花火でも見物してるみたい。

更にMG同号では朝野君と一緒に台湾紀行とかやったりして、もうね…
mg198503_04.jpg
まんまファンロードの猿真似なんですが、当時はなんか勢いがあって真似する罪悪感とか無かったな〜。
ていうかひょっとしてこれファンロード編集長主催の台湾ツアーに同行したものか?
そのあたり完全に忘れてしまってますが、なんかそんな気もする…。
内容はほぼ模型に関係なしw


得意のマスコットもセットで作りました。
reda1985_04.jpg
陽子2種とカエル兵とヨニ。

もちろんカラーキャスト!
reda1985_05.JPG


MG同号の第1回ワンフェスの紹介ページにも載ってる。
mg198503_06.jpg


そしてホビージャパン別冊オールザットフィギュア(1986年11月発行)の表紙にも使ってます。
HJ_allthatfigure1986.jpg
マスコット10点でピラミッド作ろうという企画ですが、例によって締め切りが10日後w
さすがに10日で新作10点は無理なので、レダの面々とユウゴジが友情出演。
ラムはコロンビア映画のアレを模しているので、ムギ球持たせて光らせたんですが効果薄いなぁ、なんで二重露光しなかったんだろ。

posted by 秋山徹郎 at 17:59| フィギュア