2019年12月12日

アジマスコット誕生

ajimascot1980_02.JPG
1980年〜82年あたり。
のた魚、タバコオバケ、シッポがない、Rブキミ、ぶらっとバニー、もんもこもん、クキ、なんか丸いの。
Rブキミは腕と頭が可動するよ!(ただ差してあるだけw)

高校生だった私がファンクラブで大好評を博して調子に乗らないわけはなく、毎月の例会の度にこれらの新作を作って持っていきました。作っている最中は皆の驚く顔、喜ぶ顔が浮かんできて楽しかったな。
アジマスコットの名称は、漫画作中で吾妻本人キャラをアジマと表記していたのでマスコットと繋げて命名。
当時まだSDなんて言い方は無く、こういったものはマスコットと呼んでいました。
あとのた魚は最初のものが気に入らなかったのでスジボリ入れて作り直してます。

この頃になると現在のレジンキャストに近いプラキャストという商品がニッシリから発売されていた為、複製は容易になってました。
硬化時間が圧倒的に短く、硬化後も適度な粘りがあり、折れたり欠けたりすることはなくなりました。
ポリパテからシリコンゴムからスパチュラから、道具も素材も全て渋谷の東急ハンズで調達。
ハンズには必要がなくても週に2〜3回は通っていたかな。
何か新しい素材や道具が目に入ると、使い道を色々想像して買ったりしてました。
あのときの渋谷ハンズが無かったら今は無いですね。
当時のハンズの仕入れ担当さん素晴らしい!

posted by 秋山徹郎 at 23:07| フィギュア