2020年02月11日

【プリプラ】ゾンピース

zomp_0.JPG
ずっとずっと以前から漠然としたアイディアはあったものの、具体的にアイテムとして企画したのは2010年頃。
でも通常の中国生産だとロット数の問題があって実現できなかったのです。
発売元も見つからなかったし…。
が、プリプラで国内自社生産ができるようになり、遂に日の目を!
やった!
しかも完全自社製品!
当面はイベントで手売りしていくので、ワンフェスやAKガーデン等で是非。

印刷デザインを変えることで、シリーズを増やしていく予定です。
現在、2シリーズを展開。


<フレッシュシリーズ>
zomp_name_flesh.jpg
リアル系。
デザインはこの手の尖ったものが得意な社内原型師にやってもらいました。
…カッコイイ!
グレアー、ロッター、ランニングブッチャー、パンティー
いわゆる正統派ゾンビですね、オーソドックスな。
それをデフォルメ体形で。素敵!
zomp_01.JPG
…ハイそこ、気持ち悪いとか言わない!

私はゾンビといえば1979年の映画ゾンビ
ロメロ監督、ショッピングモールのやつ。
音楽がゴブリンでカッコよかった。
ゴブリンはその2年前、1977年の映画サスペリアで超怖い旋律を奏でていましたね。
夜中ラジオでその曲が流れるともうトイレに行けない…

2019冬のワンフェスで堂々販売!
20190210_WF.JPG
ブースはゾンピースをデザインしたスタッフが仕事の合間を縫って作ってくれました。



<けんじシリーズ>
zomp_name_kenji.jpg
デジモンのキャラデザイナー渡辺けんじ氏とのコラボです。
渡辺さんはウイズ時代の同僚で、後に一緒にたまごっち作りました。
バーバラ、C・ボーグ、ドクドック、エシーヌ
フレッシュシリーズが気持ち悪いと評判wだったので、少しソフトにしようとデザインお願いしました。
カワイイ!!
zomp_kenji.JPG
是非セットでお迎えして頂きたいところ。

渡辺さんが作った額縁。
zomp_wowfac.JPG
さすがセンス良いなぁ。



造形はゾンビ好きな社内原型師です。
zomp_model.jpg
印刷を施すことを考慮に入れつつ、頭の傾き加減、掌のサイズ感、指の表情とか相当こだわってます。

いくつか造形アイディアを作ってもらって検討。
zomp_varie.jpg
左上素体の頭と右上素体の体を合成して調整し、最終形態に。

ロゴも検討。
zomp_logo.JPG


ゾンピースを中に入れてぶら下げることができるように専用ケースも作りました。
棺桶の形をさかさまにしたカンオケース(駄洒落)
zomp_case1.JPG

このサカサカンオケに入った死者はゾンピースとして蘇るという…
zomp_case2.JPG
「うぎぎ…」

そしてなんとカンオケースの中には
zomp_stand1.JPG

組み立てスタンドが入っています!
zomp_stand4.JPG

耳かけタイプなので、自由なポーズが取れちゃう。
zomp_stand3.JPG
最近の走るタイプも表現できますねw


パッケージ
zomp_product.jpg

バラバラ○○…
IMG_4545.JPG


■価格
¥1,000円
¥1,500円(カンオケース付)

タグ:プリプラ
posted by 秋山徹郎 at 11:23| プリプラ