2021年04月08日

光山君の話

1982年
なんとか大学に進学した私はさっそくSF研に入ります。
他大学のSF研との交流もあり、皆で旅行に行ったりして楽しく充実したSFライフを送っていました。
そんなある日、私がうる星やつらのVTR全話を持ってることを聞きつけてSF研に乱入してきた男がいました。
男の名前は光山昌男。
VTRはうる星フィギュアの三星さんと互いの録画したものをダビングし合って全話揃えた大切なものでしたが、彼の熱意に負けて貸してあげることにしました。

彼はとにかく一般に出回っていないような映画のVTRを集めていましたが、お互いホラー好きということで意気投合し、仲良くなってよく行動を共にするようになりました。
早稲田あたりの彼のアパートで映画の話をしたり、名刺作ろうぜとか言って「TakeOff」の屋号(光山君は電話に出るとき面白いからってWhiteHouseにしようとしたが却下w)で刷ってみたり。

彼の縁故で雑誌ポパイ用にファンタジーメタルフィギュアを作ったこともありました。
popeye_19831125.png
popeye_19831125a.png
(左端にかすかに名前がw)
この頃のポパイはやけにコンピュータ押しでしたね。

あとなぜか高橋留美子の仕事場のステレオセットを設定しに行くことになり、試聴用にレコード何枚か買ってきてと言われて自分の趣味全開で原子心母とジギースターダストのLPを置いてきたけどあれどうなったんだろ。

ある時「僕はまだ若いから業界で舐められるので、太って髭を生やして威厳をつけることにした」と言って本当に太りだしたので、すげぇなこいつと思ったものです。
でもその頃から彼とは自然と疎遠になっていき、いつしか連絡も取れなくなりました。
10年後、私がウイズでコンシューマーゲームを作り始めたとき、ガイナックスの岡田(斗司夫)さんにプリンセスメーカーの話を聞きに行ったんですよ。
一通り話が終わり、ではありがとうございましたと帰ろうとしたとき、
唐突に岡田さんから、光山君と高橋留美子仕事場へ行ったときに私が発したとあるキーワードが飛び出してひっくり返りました。
岡田さんなんで知ってるの!?!?
物凄く驚きましたが、岡田さん光山君と結構接点があったということで。
いやでもなんで岡田さんがキーワードまで知ってんだ、光山君しゃべりやがったなw

今ネットで検索すると彼の武勇伝はたくさん出てきますね。
光山君、どうしているのだろう…
zombie3.png
タグ:回顧録
posted by 秋山徹郎 at 23:53| その他